- waste problem -




産業廃棄物処理業者1

排出事業者責任

産業廃棄物を修理する責任は、その産業廃棄物を排出した事業者にあり、それが医者であれ、サービス業であれ同じです。事業者は寺社が輩出する産業廃棄物を責任もって処分しなければならない、この考え方を、「排出業者責任」と言います。肝に命じておいて欲しいのですが、事業者が自社が排出する廃棄物を、責任もって処理すると言うのは法律によって定めています。

長いので要約すると、事業者が自分で産業廃棄物を処理するか、事業者が「産業廃棄物収集運搬業者」、「産業廃棄物処分業者」に頼むかのどちらかの方法を取りなさい、ということです。ただし、事業者が産業廃棄物収集運搬業者、または産業廃棄物処分業者に頼む場合は、次のことを確認しておかなければなりません。

1、産業廃棄物処理業者と産業廃棄物処理委託契約を結ぶこと。
2、産業廃棄物処理業者に対して産業廃棄物管理票(マニフェスト)を交付すること。

以上の2点です。詳しくは次ページで説明します。

産業廃棄物処理業者とは

各都道府県、政令市、または中核市などから許可を受けることによって、事業者から産業廃棄物の処理を専門的に受託できる者を言います。産業廃棄物処理業者には、産業廃棄物が発生した場所から産業廃棄物処理施設などへ産業廃棄物を運搬する「収集、運搬業者」と収集運搬業者が運搬してきた産業廃棄物を自社の施設などを用いて、減量化したり、無害化したり、安定化したりあるいは自然界の戻したりする「処分業者」があります。

また特別管理産業廃棄物の処理業者にも、同様に収集運搬業者と処分業者があります。収集運搬業者や処分業者は、許可の条件や取り扱うことができる産業廃棄物の種類等によって、さらに細かく分類されます。

分類

産業廃棄物処理業者は、まず産業廃棄物によって分けられます。主に爆発性、毒性、感染性などのように人の健康又は生活環境に係る被害を生ずるおそれがあるものを特別管理産業廃棄物処理者と産業廃棄物処理者に別れます。それぞれに収集運搬業者、処分業者がいて、それぞれの処理を行います。詳細は下の表を見てください。

 

・積載保管とは、産業廃棄物を収集運搬する過程で積み替えや保管を行うことです。
・中間処理とは、破砕、中和、焼却によって産業廃棄物を減量化したり、無害化したり、安定化したりすることです。
・最終処分とは、主に埋め立てを行うことによって、産業廃棄物を自然界へ戻すことです。

いずれも営業しようとする地区の都道府県知事の許可を有します。もちろん、有害物質に対する判定基準も設定されています。それを超える場合は違反です。詳しくは次ページ。

おすすめWEBサイト 5選

au
http://www.au.kddi.com/
代官山の隠れ家ヘアサロン&まつげエクステ!人気の美容室です
http://union-hair.jp/
青山 美容室
http://www.lauleas.com/

最終更新日:2014/10/10